■ 嵯峨治彦 ライブ情報

● 嵯峨治彦ソロ、タルバガン、Aguri、野花南ほかのライブ情報。

○ 馬頭琴・喉歌等の関連イベント情報。

内容は予告なく変更になる場合もありますので事前にご確認頂くと安心です。

お問い合わせ → のどうたの会 事務局

これまでの活動の記録は → [ 過去ログ ]  

2020年

Love & Peace & Hope without Dope! 今年こそは幸せな年に。

 

南モンゴル民話「スフと白馬」 

https://youtu.be/WhTnIH6LuHE

サンドアート:嵯峨孝子
馬 頭 琴:嵯峨治彦

♪♪馬頭琴という楽器はなぜ生まれたのか・・・サンドアート(砂絵アニメ)と音楽によるショートムービーをどうぞ。(北海道文化財団「北のアーティスト スペシャルプログラム」採用作品。 2020年6月)

 

「音楽で世界をめぐる旅」 〜世界の音楽、楽器、歌で世界旅行〜

https://youtu.be/nWrT4cGkvMg

出演:世界旅行音楽団 つきのさんぽ
     小林瑠衣 [vl]、齋藤森五 [g,mandolin]、
     朝倉'Oshow'尚和 [b,tin whistle]、出田寿一 [perc.]

ゲスト:星直樹 [ギター、ブズーキ]
    工藤周(アイオラ) [ダルブッカ]
    嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

札幌市文化芸術公演配信補助金(さっぽろアートライブ) 2020年8月2日(日)札幌コンサートホールKitaraにて収録。

♪♪「つきのさんぽ」のコンサート収録に参加。楽しさがぎゅぎゅっと凝縮した、まさに80分間世界一周!すばらしい演奏による音楽の世界旅行をぜひお楽しみください。 (2020年8/17より好評公開中)

 

○ 森と草原の響き合うデュオ =  RAUMA (嵯峨治彦・あらひろこ) のアルバム 「 深 い 海 」 

フィンランドカンテレ協会 2019 Kantele Record of the Year 受賞!

 ← アルバム「深い海」についてはこちら

RAUMA = あらひろこ(カンテレ) & 嵯峨治彦(馬頭琴/喉歌)

GPCD003  2,500円(税抜)  (2019年7月発売)

2009年の結成以来、日本各地で演奏活動を続けるほか、JPP、Sinikka Langeland、Kardemimmit など北欧系アーティストの来日公演ではオープニングアクトもつとめる。2013年 フィンランドの国際カンテレコンテストで、プロフェッショナル部門第2位とマルティポケラ賞をW受賞。 2019年、アルバム「深い海」をリリース。フィンランドで「カンテレ・アルバム・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞。

 

2020年

 

●9/21(月) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.6

18:00開演

俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 

出演:野花南
      
嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ、ギター ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:2,000円(1ドリンク付き)

予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪秋の夜をほっこり楽しむ音楽会。馬頭琴と朗読の重なりを、俊カフェでお楽しみください。

朗読は、「インフォメーション プリーズ」という作品です。
これは、「語りと朗読のセミナー 〜声と言葉の力(2009年 のどうたの会主催)」にご出演いただいた末吉正子さんが、素晴らしい語りで披露してくださったストーリーで、末吉さんがご友人のケイト・マクレランドさんから教えていただいたものだそうです。
テキストは、英語の原文を末吉さんからいただき、私なりに訳して、朗読と音楽用の作品にしました。
久々に読んでみると、当時の印象そのままの素敵なお話です。
図書には収録されていない作品なので、ぜひライブでお聞きいただければと思います♪ 嵯峨孝子

 

●9/26(土)車イスの旅人 木島英登さんのお話。

「飛んでけ!車いす」の会 車いす3000台お届け達成ありがとう特別記念講演会

13:30〜16:00

エルプラザ ホール (札幌市北区9条西3丁目エルプラザ3F)

講演:木島英登

ゲスト:嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

入場料:500円 (100名限定 要事前申し込み)

♪♪ 海外に車いすを届ける活動をしている札幌の「飛んでけ!車いす」の会 (1998年設立 代表:吉田三千代さん)。 外国に行く旅人に一台ずつ車いすを託して、海外の受け入れ側に運ぶご活動が、、なんと3000台を達成!

 

私もたった一度だけ、2002年にネルグイさんに会いに行った時(しゃがぁ企画のツアーに同行)、ウランバートルの福祉団体に車いすをお届けしたのでした。

 

(実は、私のように荷物の多い旅行者にとって、車いすを運ばせてもらうことは、実はむしろ楽器を運ぶときなど好都合で、かえって旅が楽になったほどでした。しかもお届け先の方にとても喜んでいただけて、とても嬉しかったのを覚えています。)

このイベントは3000台達成の節目のイベント。車イスの旅人=木島英登さんの記念講演で、ゲストとして演奏させていただくことは本当に光栄なことです。

 

●10/2(金) 嵯峨治彦ライブ in "Pearl" 杉吉貢×原田聡美 二人展

ギャラリー 門馬 & ANNEX (札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38 電話011-562-1055)

19:00開演

出演:嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌・ドシプルール)

料金:2500円 限定20席 要予約

ライブ予約・問合:tho@sings.jp / 電話FAX 011-884-7129

♪♪墨絵師=杉吉貢さんと、陶芸家の原田聡美さんの二人展にて、展示作品との即興的コラボレーションをさせて頂きます。

 

"Pearl" 杉吉貢×原田聡美 二人展

   〜 異物が柔らかく包まれ生まれる Pearl その様に在れたら 〜

会期:9/25(金)〜10/4(日)
会場:ギャラリー 門馬 & ANNEX
   (札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38 電話011-562-1055)
時間:11:00 〜 18:00
問合:080-3267-8315(杉吉貢)

 

●10/5(月) RAUMA

19:00開場 19:30開演

Live and Dinning ジャムジカ  地下鉄東西線 西28丁目駅 2番出口徒歩1分
(札幌市中央区北4条西28丁目1−16 ラ・ワイスビルB1F 電話 011-612-1900)

出演:RAUMA
      
あらひろこ [カンテレ]、
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌]

料金: 2500円 (別途 1ドリンクご注文をお願いします)

  ※ 要予約 限定15席

ご予約: ジャムジカ 予約ページ → http://www.jamusica.jp/yoyaku.php

配信ライブもどうぞ。 → https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dfp5118dffh.html

 

問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪秋のRAUMAライブ。ジャムジカ初登場!楽しみです。

RAUMA(ラウマ)は、"森と草原が響き合う" アコースティック・デュオ。北欧 フィンランドの伝統楽器=カンテレの澄みきった響き、モンゴルの馬頭琴の哀切 な調べ、そして一人二重唱ホーミー(喉歌)の神秘的な音色がひとつに溶け合 い、これまでにないサウンドで幽玄な心象風景を描く。ユニット名は、歴史的木造建築がたち並ぶフィンランドの世界遺産都市 Rauma に因む。2009年の結成以来、日本各地で演奏活動を続けるほか、JPP、Sinikka Langeland、Kardemimmit など北欧系アーティストの来日公演ではオープニングアクトもつとめる。2013年 フィンランドの国際カンテレコンテストで、プロフェッショナル部門第2位とマルティポケラ賞をW受賞。

2019年、アルバム「深い海」をリリース。フィンランドで「カンテレ・アルバム・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞!

 ← アルバム「深い海」についてはこちら

 

●10/11(日) アクアノーム@宮崎

午後5時開演 午後4時開場
宮崎県西都市 市民会館

出演:EPO / 妻高等学校合唱部
   宮良和明(perc/太陽風オーケストラ)、伊集タツヤ(g)、
   宮田まこと(g,perc)、ドン久保田(b)、嵯峨治彦(btk,nd)

料金:全席自由、入場料無料(整理券必要)
主催:日本遺産 南国宮崎の古墳景観活用協議会、
   西都古墳まつり実行委員会

詳細:

 EPO facebook ページ;
 
https://www.facebook.com/EPO.eponica/posts/3358597307562981

 西都市観光協会;
 
https://www.saito-kanko.jp/news/2020/08/19/16289.html

♪♪宮崎県の日本遺産認定「西都古墳まつり」炎の祭典で、EPOさんの無伴奏合唱曲(作曲:EPO、作詞:高田尚美)が初演されます。

 

●10/16(金) 第7回 田端おとな大学 「モンゴルの魂・スーホの馬頭琴」

19:00開演

スタジオ アンダンティーノ JR田端駅 北口徒歩2分
(東京都北区田端5-1-12 Villa Andantino)

出演:嵯峨治彦 (お話と演奏)

会費:3000円 20名様限定

予約・問合: 電話・FAX 03-5832-9795
        Email
utaud1960-miho@memoad.jp

主催:田端楽友協会

 

●10/17(土) 月の沙漠プレミアムコンサート2020 (第8回&第9回)

開場: 13:30  開演: 14:00  終演: 17:00

池袋・自由学園明日館 講堂

出演: Moonlight Caravan

常味裕司 ウード
櫻田亨 リュート
柴田杏里 ギター
田原順子 語り
大城みほ うた
斎藤茂 ナビゲーター

ゲスト奏者:

北川翔(バラライカ)

嵯峨治彦(馬頭琴)

チケット: ¥5000 ( チケット発売日 7月1日 )

チケット取り扱い
ギターショップG&M
email: gam1@nifty.com

詳細: 月の砂漠 project http://utaud1960-miho.wixsite.com/tsukinosabaku/concert-1

♪♪新型コロナウイルスの影響などにより、第8回公演を再々延期し、第9回月の沙漠コンサートと合体したプレミアムコンサートとして時間も3時間と拡大してお贈り致します。

★予定しているプログラム (休憩を含む3時間プログラム)

第1部
 ウードソロ
 月の沙漠
 リュートソロ
 三大リュートソング(柳の歌、おやすみ優しいニンフたち、流れよ涙)
 ウード&馬頭琴 デュオ

第2部
 ウードと語りによる「アリババと40人の盗賊」
 ギターソロ
 ギター&バラライカ デュオ

 ランマーバーダーヤタサンナ(全員)

 

●10/24(土)、25(日) 「そして なるほど ここにいる」 ZOOダンスクリエーション

♪♪昨年の「速度ノ花」札幌公演につづき、ダンサー山田せつ子がナビゲーターとなって、気鋭のダンサーたちと馬頭琴奏者が世に問うダンス公演。コロナショックをzoomとイマジネーションで乗り越え、ついに9月から実稽古を始めて深めていく表現の世界。ご期待ください。

※フライヤー裏面のせつ子さんの寄稿「私たちのダンスの地図」もどうぞ。

時間:10/24(土) 19:00
    10/25(日) 14:00
                 (開場は開演30分前)

会場:扇谷記念スタジオ シアターZOO
   札幌市南11条西1 ファミール中島公園B1F・電話011−551−0909

 地下鉄南北線中島公園駅1番出口より徒歩5分。駐車場なし。

ダンス ナビゲーション:山田 せつ子

出演:大森 弥子 (Takako Classical Ballet/ダンサー)
   河野 千晶 (micelle/ダンサー)
   櫻井ヒロ (micelle/ダンサー・振付家)
   堀内 まゆみ (ダンサー)

音楽:嵯峨 治彦 [ 馬頭琴、喉歌 ]

照明:秋野良太(祇王舎)
音響:斎藤歩(札幌座)

料金:一般 3,500円 学生 1,500円 高校生以下 1,000円
   (前売・当日共通/全席自由/税込) 学生・高校生以下は学生証提示。
   ※未就学児入場不可。

チケット取り扱い
 エヌチケ 
https://www.ticket.ne.jp/nt/
 チケットを公演当日会場受け取りで手数料無料
 チケット代だけでご購入できます。
 チケットぴあ Pコード:503-174
 ローソンチケット Lコード:11865

問合:北海道演劇財団 電話011-520-0710(平日10:00〜18:00)

宣伝美術:若林瑞沙(Studio COPAIN)
制作協力:森嶋拓(CONTE-SAPPORO Dance Center)
主催:公益財団法人北海道演劇財団、NPO法人札幌座くらぶ
後援:札幌市、札幌市教育委員会
助成:文化庁

 

●10/29(木) 秋の三角 コンサート

19:00開演

フリースペース&カフェ AMICA(札幌市西区琴似  共栄ビル4F) 

出演:あらひろこ(カンテレ)、星直樹(ギター・ブズーキ)、嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌・ドシプルール)

料金:2,500円

予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪フィンランド・アイルランド・モンゴルの民族楽器の音色が、情緒豊かに響きあう夕べをお楽しみください。

 

●10/31(土) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.6-2

14:00開演

俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 

出演:野花南
      
嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:2,000円(1ドリンク付き)

予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪秋の午後をほっこり楽しむ音楽会。馬頭琴と朗読の重なりを、俊カフェでお楽しみください。

朗読は、古き良きアメリカで起きた、小さな少年と電話の"中の人"の心あたたまる交流のお話「インフォーメーション・プリーズ」。ご好評に着き再演いたします。

 

●11/7(土) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.7

「うまのるカフェ」 〜 馬頭琴を弾いてみよう! 〜

 14:00〜14:30 野花南ミニライブ (馬頭琴伝説の朗読、馬頭琴演奏)

 14:30〜16:00 馬頭琴体験ワークショップ

俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 

出演:野花南
      
嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

ワークショップ講師:嵯峨治彦

料金:3,000円(1ドリンク付き) ※楽器の用意があるので、ご予約お願いします。

予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪ お待たせしました、「うまのるカフェ」 いよいよ始まります!

お気に入りのカフェで楽しむ馬頭琴体験ワークショップ。 ミニ・ライブつき。ふるってご参加下さい。

 

 

●11/28(土)、29(日) 「佐川君からの手紙」

〜 北海道コンテンポラリーダンス普及委員会10周年記念公演 〜

11月28日(土)29日(日) 14:00開演/18:00開演 (計4回公演)

料金:一般前売3,500円 学生前売3,000円
   当日は各500円増し、完売時は無し

会場;生活支援型文化施設コンカリーニョ
    〒063-0841 北海道札幌市西区八軒1条西1丁目2?10 JR琴似駅徒歩2分 ザ・タワープレイス 1F

原作:唐十郎「佐川君からの手紙」
演出・構成:櫻井幸絵
出演:青木尚哉(zerO)、櫻井ヒロ(micelle)、Syv Bruzeau、田仲ハル、
    浜田純平(OrganWorks)、三木美智代(風蝕異人街)雪雄子
音楽:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)、鼓代弥生(波紋音、音具)
照明:秋野良太(祇王舎)
音響:景井雅之(matatabi records)
舞台監督:アクトコール
宣伝美術:田仲ハル 
撮影:yixtape

主催:北海道コンテンポラリーダンス普及委員会
共催:(公財)北海道文化財団
助成:さぽーとほっと基金「長内芸術振興基金」、伊藤組100年記念基金
後援:北海道、札幌市、北海道新聞社
協力:天神山アートスタジオ、さっぽろアートステージ 2020 実行委員会、札幌劇場連絡会

 

[ 過去ログ ]

 


のどうたの会事務局
thro@sings.jp